The Most Important Fact About the Use of Big Data
715
post-template-default,single,single-post,postid-715,single-format-standard,bridge-core-1.0.4,translatepress-ja,bridge,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1200,qode-content-sidebar-responsive,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive
 

ビッグデータに関するトップ10の事実

ビッグデータに関するトップ10の事実

18 7月18

ビッグデータに関するトップ10の事実


ビッグデータは、大量のデータによって定義されます。ビッグデータとは何かを分類するための正確な測定単位はありませんが、これはある程度意図的なものです。ビッグデータに関連するデータの「量」は、データのせん断量またはサイズだけに依存しているわけではありません。ビッグデータは、分析の品質と傾向にも依存しています。

ビジネスの意思決定は、数値データベース、テキストドキュメント、ビデオ、オーディオ、トランザクション、およびその間のすべてなどの情報に大きく依存しています。フォーマットに関係なく、ビッグデータは、情報を集約および分析するための基盤としての役割を果たし、有意義な洞察を提供します。

私たちの現在および将来の社会におけるビッグデータのユースケースと可能性は非常に多いため、ビッグデータに関するトップ10の最も有益な事実のこのリストからよりよく理解されるでしょう。

1.新しいデータ分析の紹介

成功するビジネスは常にデータに依存しています。ただし、データは消化可能な量で分析するのが最適です。ほとんどの企業は、ビジネスモデルを少数または単一の提供物に基づいており、これはアナリストが追跡する必要があるデータの種類を絞り込むのに役立ちます。

ただし、従来のデータ分析では、今日の接続デバイスとセンサーの急増によって生成されている膨大な量のデータを処理するのは困難です。処理することが多すぎて目標を見失う場合、メタデータまたはデータに関する情報を見るのははるかに困難です。

2.すべてのデータが等しいわけではありません

前に提案したように、多くの種類のデータがあります。二項データ、名義データ、連続データ、定性データなど、学年で学んださまざまな形式のデータとは別に、規範的分析、診断分析を定義するさまざまな種類のデータが企業にもあります。 、 予測分析、 等々。

3. CDOの役割の形成

最高データ責任者の役割は、ビッグデータ分析の指数関数的な進歩によって定義されています。企業は、CDOの成長するツールキットに留意しながら、重要な目標を明確にし、ビジネス戦略を改善することにより、データの取り込みを支配することを仕事とするCDOを取得したいと考えています。

4.サイバーセキュリティの必要性

Organizations with foundations built on data should be wary of digital attacks that could otherwise topple them. One example of a costly cyber attack took place in 2017 to Equifax, where almost 150 million personal accounts were compromised and sensitive financial information were leaked.

5. Using Data to Power 機械学習

機械学習はそれ自体でカバーすべき大きなトピックです。機械学習の詳細について学習することに興味がある場合(しゃれを意図)、他の記事をご覧ください ここに.

つまり、機械学習は、データを一種の「燃料」として使用して複雑な問題を解決するシステムです。機械学習アルゴリズムに提供されるデータの品質が高いほど、提供するソリューションは向上します。

6.ビッグデータの指数関数的成長

The daily production of data is pushing limits that challenges conventional measurement efforts. Google logs about 3.5 billion searches per day – resulting in 1.2 trillion searches per year.

GoogleやFacebookによるエリートデジタルマーケティングの取り組みのレベルを予測できる人はいませんでした。このレベルのマーケティングおよびその他の用途は、ビッグデータの解釈方法を分析的に飛躍的に向上させることにより可能になります。

7.データを利益に変える

Monetization strategies with data analytics can be tricky but if done right, companies could turn actionable insights into real profits. In fact, just a 10% increase in data accessibility converts to an estimated $65.7 million for the average Fortune 1000 company.

8.データ駆動型クラウドコンピューティング

An efficient cloud infrastructure allows businesses to adopt big data analytics. With huge influxes of data, it’d be a necessity for organizations to organize and safely store all this potential value. For businesses with a growing appetite for bandwidth efficiency, cloud computing offers flexibility, control, security, and other attributes that ultimately improves both workflow and cashflow.

9.成長主導の未来

Big data will soon become ubiquitous in the backyards of many industries. A recent report indicates that the big data market will see a 10% CAGR, or compound annual growth rate, from 2017 to 2020. This amounts to a growth difference of 20 billion dollars between these years.

10.ビッグデータへの投資は遅すぎません

ビッグデータはすぐに消えることはありません。実際、あらゆる規模のビジネスでまもなく一般的になります。ビッグデータ分析の機能は、見過ごせないほど強力です。そうは言っても、ビッグデータに投資した組織は約73%だけであり、間違いなくその一部はその機能を十分に活用し始めたにすぎません。