AI is Playing an Increasing Role in improving IoT Security
20935
post-template-default,single,single-post,postid-20935,single-format-standard,bridge-core-1.0.4,translatepress-ja,bridge,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1200,qode-content-sidebar-responsive,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive

IoTセキュリティにおけるAIの役割

04 8月20

ai-iot-cybersecurity

IoTセキュリティにおけるAIの役割

モノのインターネットは、よりスマートで複雑になってきています。スマートデバイステクノロジーは、大規模なレベルで成長しています。組織はIoTアプリケーションに人工知能または機械学習を組み込んでおり、運用生産性の向上などの競争上の優位性を実現しています。

過去10年間、大企業は人工知能とIoTの交差点で働いていた中小企業を買収してきました。さらに、IoTサービスの主要なマーチャントも、機械ベースの学習分析などの高度なAI機能を提供しています。

変化するサイバーセキュリティの顔 

サイバーセキュリティは静的なものではないことを認識することが重要です。それは速く、不安定で、常に変化しています。新しい対策を継続的に開発および進化させずに効率的な防御姿勢を維持することは非常に困難です。過去に機能していたセキュリティ管理は今日では十分ではなく、今日のセキュリティ対策は明日では十分ではありません。

今日、私たちは高度に組織化されたサイバー犯罪に取り組んでいます。従来のセキュリティシステムには2つの主な欠点があります。最初の問題は、それらが非常にルール指向であり、深刻な脅威を構成するものの理解に基づいて設計されていることです。問題は、脅威が強すぎ、マルウェアが非常に洗練されており、転覆技術が絶えず変化していることです。

従来のサイバーセキュリティの2番目の欠点は、スケーラビリティの欠如です。スケーラビリティの問題は、次のようないくつかの要因によるものです。

  • 組織の規模と複雑さ: 大規模な組織では、通常、変化するセキュリティ条件に適応することがより困難になります。
  • 古いシステムと新しいシステムおよびアプリケーションの混合使用。 多くの企業は、新旧のテクノロジーを組み合わせて使用し続けています。これにより、IoTセキュリティへの包括的なアプローチを提供する取り組みが複雑になる可能性があります。
  • 運用の複雑さの増大: 今日のビジネスは、かつてないほど複雑になっています。 IT組織は、IoTエコシステムを高レベルで機能させ続けるための多くの複雑な責任に直面しています。これには、頻繁な更新(ソフトウェアオペレーティングシステム、アプリケーションなど)の提供、ネットワークアプリケーションの更新、新しい資産の追加、セキュリティの脅威の評価、潜在的なターゲットの特定などが含まれます。

上記すべてが組み合わさって、IoTセキュリティは非常に複雑な命題になります。

ai-iot-cybersecurity1

AIとサイバーセキュリティ

サイバー攻撃の規模と範囲は拡大していますが、AIテクノロジーは、これらの増大したリスクの分析と管理に役立ちます。 AIは、これらの進化するサイバー脅威に一歩先んじる力を提供します。 AIは瞬時のフィードバックを提供し、何千もの毎日のアラートを調査および分析し、影響力のある意思決定を行い、より迅速に対応するのに役立ちます。

従来のサイバーセキュリティ手法では、今日のサイバーセキュリティの脅威に対応するために必要な速度や機能に効果的に対応できません。これらの増大する脅威に対処するには、新しいアプローチと新しいテクノロジーが必要です。次世代の防御は、AIの継続的な進歩によって加速されます。 AIを活用したIoTセキュリティソリューションは、IoTエコシステムをより安全で信頼性の高いものにするための道を開きます。