AI is Being Used to Improve Cyber Security Protocols
19743
post-template-default,single,single-post,postid-19743,single-format-standard,bridge-core-1.0.4,translatepress-ja,bridge,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1200,qode-content-sidebar-responsive,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive
 

サイバーセキュリティに対するAIの重要性

サイバーセキュリティに対するAIの重要性

04 11月19

ai-for-cyber-security

サイバーセキュリティに対するAIの重要性

人工知能は、正当な理由により、現在の最新の技術トピックの1つであり続けています。すでに使用されている実際の実用的なアプリケーションがありますが、技術者は、特にIoTデバイスの場合、AI(人工知能)がサイバーセキュリティをどのように強化できるかについて誇張しています。

With approximately 7 billion IoT devices deployed today, each one presents an opportunity for hackers to spread malicious software. Also, consider the petabytes of collected data that enable business-critical applications for energy, manufacturing and oil and gas companies, for example.

The loss of data could be crippling to a business, or worse yet, force a business to close altogether. Or consider the fact that breaches are very costly. According to a Capgemini study, “20% (of businesses) report losses of more than 50 million” and “one in five executives said that their organization experienced a cybersecurity breach leading to unauthorized access in 2018.”

Stuxnetワーム

ソース

Consider the Stuxnet worm, which was designed to hunt down nuclear machinery at Iran’s nuclear plant, which has IoT devices connected to centrifuges. After the worm seized control of the centrifuges, it made them spin faster and faster over time, which caused enough strain that the machines disintegrated.

イランの遠心分離機の約20パーセントは、イベントの結果として廃止されました。また、イランは数百万ドルではないとしても数十万ドルの費用がかかり、それはすべてIoTデバイスに侵入できるUSB発信ワームによるものでした。

実際、「3分の1以上(35%)の企業が、重要な業務(ウェブサイト/アプリや工場/電力網など)がサイバーセキュリティ侵害の影響を受けている」と述べ、「エグゼクティブの42%が同じCapgeminiの調査によると、IoTデバイスは増加しており、平均で16増加しています。

このようなイベントでは、デバイスマネージャーが自分のデバイスがどれほど安全であるのか疑問に思っています。

または、デバイスマネージャーはしばしば組み込みのサイバーセキュリティを望み、そのままにします。しかし、AIがサイバーセキュリティに適用されると、組織がサイバー脅威を予測し、検出し、事後的にリアルタイムで対応できる一連の機能が有効になります。

How AI is Used to Boost Cyber Security

AIベースのアルゴリズムをIoTデバイスに直接展開し、パターン認識を実行してランサムウェアまたはマルウェア攻撃を識別できます。その後、AIは脅威を隔離することもできます。アラートを通じて、IoTデバイスマネージャーは潜在的な侵害が存在することを通知され、それらがアクティブ化されたり、他のデバイスに拡散したりするのを防ぐことができます。

AI主導のサイバーセキュリティプログラムにより、デバイスマネージャーは、違反を検出して対応するためのコストを削減し、違反に迅速に対応し、データログをコーミングする時間を短縮できます。

簡単に言えば、脅威はかつてないほど現実のものとなり、技術者はAIを使用して侵害から保護する必要があります。

How to Implement AI in Cyber セキュリティ

1.内部のサイバーセキュリティチャンピオンを任命するか、コンサルティング会社を雇う

何よりもまず、プロジェクトを軌道に乗せるにはAI内部チャンピオンまたは外部弁護士のいずれかが必要です。必要な専門知識や専任のチャンピオンがいなければ、間違いなくAIに集中するのに苦労します。 IoTの展開は本質的に非常に複雑であるため、社内でプロセスを支持する個人を持つことが重要です。

2.最適なユースケースを決定する

当然、ビジネスのどの分野が最も利益を得ることができるかを判断する必要があります AI主導のサイバーセキュリティ。あなたが設置しているあらゆる種類のサイバーセキュリティ対策にAIを適用するのは理にかなっていないかもしれません。すべてのデバイスでサイバーセキュリティ監査を実行して、弱点を特定し、AIを実装するのに最も理にかなっている場所を特定します。

3.新たなサイバーセキュリティの脅威を常に把握する

ハッカーを阻止するためにできる限りのことをしているように、彼らも常に進化しています。このトピックを読んで、最新のサイバーセキュリティの脅威を把握してください。フォーラムにアクセスして、他のサイバーセキュリティスペシャリストと協力して、この分野の他の人が対処している脅威の種類に対応してください。ハッカーは常に進化しているので、あなたもそうすべきです。

4. IoTハードウェアの定期的な監査を実行する

AIを使用してサイバーセキュリティプログラムを推進し始めたら、ソフトウェアとデバイスを定期的に監査して、すべてが正常に機能していることを確認することが重要です。 AIは脅威が発生する前に検出するのに役立ちますが、すべてが設計どおりに機能していることを確認するために、デバイスとサイバーセキュリティ慣行を定期的に監査することは依然として賢明です。

5.ガバナンスを有効にする

Governance, the use of management controls to make sure that IT functions as designed, is a critical aspect of your cyber security program. Governance will ensure you have strategic buy-in, the AI produces the outcomes expected and that it hasn’t been compromised. Given the complex nature of IoT deployments, governance is a great way to ensure your project fulfills your original business goals.

6.復旧計画を実施する

違反がある場合は、必ず復旧計画を立ててください。インシデントを確認して、今後のセキュリティ対策を改善する方法を決定します。サイバーセキュリティプログラムに変更を加えたら、もう一度テストして、プラクティスが意図した結果を生み出していることを確認します。

これらの手順に従うことで、デバイスとサイバーセキュリティの慣行が常に最新であることを確認できます。ただし、ハッカーはAIを使用して攻撃の展開を支援することにも留意する必要があります。そのため、サイバーセキュリティを常に把握することが重要です。サイバーセキュリティの未来はAIです。準備はできたか?