5G Will Have Major Implactions in the realm of IoT
19719
post-template-default,single,single-post,postid-19719,single-format-standard,bridge-core-1.0.4,translatepress-ja,bridge,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1200,qode-content-sidebar-responsive,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive
 

5GがIoTを可能にする方法

5GがIoTを可能にする方法

02 12月19

iot-5g

5GがIoTを可能にする方法

5GがIoTを可能にする方法

ワイヤレスモバイル通信の第5世代標準である5Gの出現により、ネットワーク速度の向上と遅延の低減が約束されています。 5Gは(モノのインターネット)IoTを改善しますか?答えは「はい」を指しますが、多くの希望があります。

The reality is that 5G is still being implemented this year, even by all four major carriers (AT&T, Verizon, Sprint and T-Mobile). With each carrier, there’s not a full rollout yet as it’s being deployed in a limited number of major cities. However, Dallas-based AT&T “appears to be leading the pack with the most cities deployed.”

While the race is on to fully deploy 5G, there is much work to be done. “We are likely to see a rolling deployment of some 5G capabilities from 2020 onwards and best estimates are that full-scale 5G deployments are not likely until around 2025”, according to Paul Bevan, research director for IT Infrastructure at Bloor, an advisory and consulting firm.

さらに、経済的要因が5Gの実装速度に影響することに留意してください。ネットワーク事業者と企業は、展開するために多額の投資をする必要があります。これらすべてを念頭に置いて、5Gネットワークの進歩がIoTにどのように役立つかを見てみましょう。

5Gとは何ですか?

基本的に、5Gはより高い無線周波数を介して無線でデータユニットを送信します。 5Gは第4世代のワイヤレス標準およびテクノロジーであり、4Gの100倍の高速化と最大1msのネットワーク遅延の削減を約束します。

4Gはモバイルインターネットの時代の到来を助けましたが、5Gは高帯域幅アプリケーションのサポートと、IoTなどのマシン、オブジェクト、デバイスのより良い制御を約束します。報告によると、5Gの新しい無線インターフェースにより、5Gは1平方キロメートルあたり最大100万個以上のデバイスをサポートできます。

5GがIoTを実現する6つの方法

1.エッジコンピューティングと分析を可能にします

エッジコンピューティングは、データをクラウドまたはアプリケーションに送り返すのではなく、データ処理をエッジデバイスに統合します。 5Gのより高速なネットワーク速度と低レイテンシにより、エッジデバイスは多くの人々が要求するIoTデバイスのリアルタイム制御を提供します。

2.ネットワークスライシングを有効にします

Also supported by 5G is network slicing, which makes it possible to divide 5G access into virtual segments. Each segment can then be “customized to support different types of applications. Network slicing has the added benefit of securing one segment’s traffic from that of other segments.”

3.自動運転などの低遅延アプリケーションをより有効にする

自動運転車は、大量のセンサーデータをリアルタイムで処理する必要があります。 5Gによりレイテンシが改善されるため、IoTデバイスは車車間通信とデータ転送速度の向上をサポートし、これらすべてがより速い車の応答時間に貢献します。

4.ほぼリアルタイムの分析のためにAIと機械学習をサポートします

If machine learning can occur on the device versus on the edge or in the cloud, near real-time analytics will be better supported due to 5G’s greater network speeds and low latency. This will inherently improve IoT device performance and maintenance, something every device manager seeks to do.

5. IoTデバイスのバッテリー寿命を延ばします

Because 5G improves battery consumption, low-power applications will need less energy to run. “Power-saving features, such as a new synchronization signal, a wake-up signal and system-change notification flag, lighten the power load and help extend battery life to more than 15 years in the field,” according to a Sierra Wireless whitepaper.

6.フォグコンピューティングをサポートします

Fog computing places computing and storage capabilities near edge devices and provides device-to-device, local communications and “offers greater control system resiliency and sends summarized data to the cloud-based applications.」フォグコンピューティングは、クラウドの遅延ではサポートできないリアルタイムアプリケーションも可能にします。

結論

多くの業界がIoTの恩恵を受ける一方で、5GはIoTデバイスの保護と運用のための万能薬ではないことに留意してください。ただし、企業が組織や企業をデジタル的に変革しようとしている場合、5Gはその固有の利点を通じて明確なビジネス上の利点を提供します。