Cyber Security Attacks to IoT Devices Rapidly on the Rise | ONE Tech
19751
post-template-default,single,single-post,postid-19751,single-format-standard,bridge-core-1.0.4,translatepress-ja,bridge,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1200,qode-content-sidebar-responsive,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive
 

新しいレポート:急速に増加しているIoTデバイスへのサイバーセキュリティ攻撃

新しいレポート:急速に増加しているIoTデバイスへのサイバーセキュリティ攻撃

20 9月19

サイバーセキュリティ攻撃

新しいレポート:急速に増加しているIoTデバイスへのサイバーセキュリティ攻撃

With more IoT devices being deployed daily than ever before comes greater cyber security risk. Such devices are a prime, exciting target for the ever-evolving hacker that loves a new challenge.

In fact, just this week an alarming warning was issued by the security researchers at F-Secure. According to Forbes, their recent report, “Attack Landscape H1 2019,” states that the company recorded a “three-fold increase in attack traffic to more than 2.9 billion events.”

IoTデバイスがサイバーセキュリティ攻撃の主要な標的であるのはなぜですか?

The inherent risk to IoT devices is rapidly on the rise with each day due to overwhelmed IT departments that are attempting to deal with thousands of devices, aging hardware and a lack of focus on cyber security altogether.

Another alarming risk is that attackers can use such endpoints to access your home or business network. Companies today can vanish quickly or lose thousands of customers if a cyber attack aims to and successfully secures sensitive customer data, resulting in a bad PR storm that lasts weeks.

ハッカーは、デバイスやネットワークにアクセスした後に何をしようとしていますか?

前述のForbesの記事によると、マルウェアは「デフォルトの資格情報を使用するIoTデバイスに感染し、それらのデバイスをDDoS攻撃を実行するボットネットに共存させる」ためによく使用されます。

ITマネージャーは何に注意する必要がありますか?

F-secureレポートによると、マルウェアの典型的なエントリポイントは、多くの場合、プログラムをクリックまたはインストールする従業員です。これにより、従業員にそのようなリスクを通知するための社内啓発キャンペーンを推進する必要があります。さらに、ITマネージャーは常にIoTデバイスにパッチを適用し、ビジネスネットワークへのアクセスを防止する必要があります。